NextLifeオンライン

VOICE  Vol.1

正しい知識で「逆流性食道炎」と向き合う

消化器の病気で近年日本人の間に増えているのが「逆流性食道炎」。
逆流性食道炎とつきあっていくうえで知っておきたい基本的な知識にはどのようなものがあるのか。
逆流性食道炎に関する研究と患者さんの日常生活の質(QOL)に関する調査を行っていらっしゃる東北大学病院総合診療部の本郷道夫教授に伺いました。

逆流性食道炎というのはどんな病気なのでしょうか?

「口から食べたものは食道を通り、胃に入ります。この流れは通常一方通行ですが、酸性の胃の内容物が食道へ逆流することがあります。胃の内容物には、塩酸を主な成分とする胃酸と消化酵素が混じっていますから、繰り返して逆流が起こると食道の粘膜が傷ついて炎症を起こしたり、胸やけ(胸がやけつくような感じ)を引き起こすのです。酸の逆流で起こる食道粘膜の炎症(びらん/ただれ)を逆流性食道炎と言います。炎症までいかなくても、ひどい胸やけを起こすこともあります。胃酸逆流で起こる病気を総合して「胃食道逆流症 (GERD)」と呼びます。炎症は内視鏡で確認できますが、重症の時は潰瘍になったり、治る過程で狭窄(食道が狭くなる)を生じるケースもあります。」

なぜ逆流が起こるのでしょうか?image

イメージ「原因は大きく二つあります。胃の粘膜は胃酸に強いのですが、食道の粘膜は強くありません。そこで、胃酸を含む胃の内容物が逆流しないように、下部食道括約筋というリング状の筋肉が弁のような働きをして、食道と胃の境(噴門)を閉じています。ところが、加齢などにより下部食道括約筋が衰えると、噴門がゆるみやすくなり、逆流が起こります。また、肥満になったり、背中を丸めた悪い姿勢を続けたりすると、胃が圧迫されて逆流が起こることもあります。」(右図を参照)

よくある症状には どんなものがありますか?image

「食事をしたあとに胸やけがしたり、口が酸っぱくなる感じ(呑酸)がしたりするのが、よくある症状です。しかし、胸やけイコール逆流性食道炎ではありません。私自身も年数回は胸やけをします(笑)。そうではなく、特定の食事を摂るたびに日常的に胸やけや呑酸などの症状が出ると、逆流性食道炎が疑われます。この他、逆流した胃酸がのどや気管支を刺激すると咳が出やすくなります。また、寝ている時は下部食道括約筋がゆるみやすく、逆流が生じやすくなるため、違和感で睡眠が中断されて不眠を訴える患者さんもいらっしゃいます。」

逆流性食道炎なのに それと気がつかないケースも多いそうですね。image

「日本人は性格的に我慢強いので、食事のたびに逆流が起きて不愉快なのに、『自分はそういう体質なんだ』と我慢してしまう人が少なくありません。てんぷらなどの油っこい料理を食べたあとに逆流が起こると『年甲斐もなくてんぷらを食べたのが悪い』と自分を責める。しかし、てんぷらを食べたのが悪いのではなく、逆流性食道炎は病気なのですから、自責の念を持つ必要はないのです。」

逆流性食道炎では どんな治療が行われるのでしょうか?image

「一般的には、食事や生活習慣の改善に加え、胃壁の一部に作用して、胃酸の分泌を抑える薬で治療します。なかでも『プロトンポンプ阻害剤』という薬は高い効果が期待でき、『自分は胸やけなんてない』とおっしゃっていた患者さんが薬を飲んで『あの症状が胸やけだったんですね』と気づかれたり、『おいしいものを食べても胸やけがしないのは初めての体験。世の中が明るくなりました』と感激する患者さんもいらっしゃいます。」

逆流性食道炎になったら どんなことに気をつければ良いのでしょうか?image

「暴飲暴食はやはり良くありませんが、あとは健康的な食生活のためのごく一般的な注意を守ることが大切で、特別な注意は不要です。腹八分目に抑えて栄養バランスの良い食事を心がけてください。好物をあきらめるのは辛いですから、てんぷらやラーメンなどの油っこい料理が好きな人は量と頻度を調整しましょう。量を少なめに減らしたり、週3回食べていたものを週1〜2回に減らしたりするだけで十分です。横になると逆流が起こりやすいので、食べてすぐ横になるのは良くありません。同じ理由で夜遅い時間帯に食事を摂るのも控えてください。また逆流で炎症が起きていると、オレンジなどの柑橘類、トマトやイチゴのように酸っぱい食べ物で患部が刺激されて痛みを感じる場合があります。」

日本人に最近、逆流性食道炎が 増えてきていると聞きました。image

「20年くらい前まで、逆流性食道炎は欧米人に多く、日本人には少ない病気だと言われてきました。ところが最近は日本人にも逆流性食道炎が増加してきており、胃の逆流症状が週に2回以上ある人が10〜20%、週1回以上の自覚症状がある人では約70%いると推定されています。その背景には、食の欧米化や日本人の体格の向上などがあります。欧米スタイルの食事で動物性脂肪分が多い油っこい料理を摂ると、胃での消化に時間がかかるようになり、滞留時間が長引くと逆流するチャンスもそれだけ増えてきます。また、体格が向上すると胃酸も多く出るようになり、逆流時に炎症が起こるリスクが高まります。40代以上の日本人男性の2人に1人は肥満ですが、太って内臓に体脂肪が溜まる内臓脂肪型肥満になると、胃が圧迫されて逆流が起こりやすくなります。また60代以降の女性は骨が脆くなる骨粗鬆症に陥りやすく、背中が曲がり、やはり胃が圧迫されて逆流が起こりやすくなります。こうした逆流性食道炎が好発する年代で、胸やけなどの症状がある場合、早めに医師の診断を受けてください。受診は必ずしも消化器の専門医でなくて構いませんし、いきなり内視鏡ということにはなりませんので、ぜひ安心してご相談してください。」

本郷 道夫
総監修 本郷 道夫先生
公立黒川病院 管理者/東北大学名誉教授(取材時:東北大学総合診療部教授) 日本消化器病学会胃食道逆流症(GERD)診療ガイドライン委員会 評価委員長
1973年東北大学卒業。国立東京第一病院内科で初期研修の後、東北大学第三内科入局。1982年米国Yale大学留学。1993年東北大学心療内科助教授。1996年東北大学総合診療部教授。消化管機能異常の病態生理とQOLおよびストレスを中心に研究し、逆流性食道炎、機能性胃腸症、過敏性腸症候群を専門に診療。
NextLifeオンライン
Vol.1 秋号の冊子がご覧いただけます。
  • NextLife 冊子を保存する
  • NextLife 冊子を見る